看護師ライター募集

看護師国家試験を勉強する

看護師国家試験不合格後の疑問 内定や奨学金の病院の対処 他疑問



看護師国家試験不合格後の疑問 内定や奨学金の病院の対処 他疑問

看護師国家試験を不合格になった場合その後の対処は疑問に思いますよね。不合格の人が少ないので考えてしまうのも当然です。

  • 既卒者の合格率はどれくらい?なぜ合格率が低いの?
  • 内定や奨学金をもらっている病院にはどう対処するの?

ここではこのような事を解説していきます。

既卒者の合格率はどれくらい?なぜ合格率が低いの?

国家試験は定員のある入学試験ではなく、受験生が4年制大学卒であるか、3年制の短期大学卒であるか,あるいは専門学校卒業であるかは一切問わない。ただ、看護に関する知識が職業人として必要なレベルに達しているか否かを知るための試験である。一度失敗しても次回合格すれば看護師として働くことが出来るのは周知の事実である。 然し人間は忘れ行くのも事実であり、ある年のデータを見ると 新卒合格者は98.3%であったのに対し、既卒合格者は75.7%とかなり低くなる。

看護師国家試験の合格率を決定する因子として

  • ①必修問題80%の絶対評価
  • ②最低資質の確保:試験問題の適切さは検討継続と推測
  • ③人員需要の程度:合格率90%、47,000人合格を維持すると推察
  • ④国家資格試験としての権威:正答率65%程度を目標としていると推測されます。

内定や奨学金をもらっている病院にはどう対処するの?

看護師国家試験を不合格になったときは心が塞ぎますが、一回のみで終わる国家試験ではないので次回に向け“合格する”の計画を立て着実に日々を過ごすことが大切。 不合格になったときは

  • ①学校側に伝える
  • ②既に就職先が決まっているときは、病院側にも伝える
  • ③奨学金を受けているとき、返済方法については、病院側の意向に従う

国家試験当日は緊張のあまり正解できる問題まで、問題の内容を読み違えるハプニングに出会うものです。落ち着いて自信を持って回答していくことが大切です。私が過去に経験した例を紹介しよう。 その受験生は比較的優秀な学生であった。後から振り返って話してくれた内容によると、緊張したまま座席についたが問題が配られたころには落ち着きを取り戻していたという。以外に早く解答が済みゆっくりと見直しにかかっていた時に間違いを見つけた!慌てた彼女は消さなくてもよい個所まで消してしまい、その後正答を書くときに一段間違えたという。これが原因かどうかは定かではないが、看護師国家試験の不合格の通知を受け取るに至った。落ち着くことの大切さを体験した事例である。

ここに勉強の仕方について記しておきます。

勉強の仕方  -いつから勉強するの?-
早い時期から取り組むことが最良であることは明白である!

勉強の仕方  -どうやって勉強するの?-(1)

①過去問題利用の注意
 過去問題を学習する上で国家試験ごとの問題そのものの難易度の違いをふまえて参考にすること。 国家試験問題の利用目的としては、
①自己の学力や国家試験の概要把握
②出題基準による出題の偏り⇒学習課題の絞り込み
③試験問題の形式や問われ方に慣れる
④状況設定問題等による読解力の訓練

勉強の仕方  -どうやって勉強するの?-(2)

② メインブックを持つ
 メインブックの選択方法として、
①最新の出題基準に準拠していること
②出題全科目が網羅されていること。
*学習の偏りがなく、科目を超えて正常→異常→症状→治療→看護→類似→比較とつながりのある学習がしやすくなる。
③ 一冊にまとめられていること
*どこにでも持ち歩ける→繰り返し見る→追記・記憶できるという利点がある。
④ 図・表・短文・説明文によって構成されていること。

勉強の仕方  -どうやって勉強するの?-(3)

覚える→解る→つなげるを目標に学習する。
①まずは用語の記憶
②仕組みや関連を理解する。
③記憶事項の整理と反復想起

まとめ

卒業時に受験する国家試験は、学習習慣がついており知識も新しく、学校で指定した或いは自己自身で申し込んだ補習授業や模擬試験も容易に受けることが出来、周りの人も同じ目的に向かって国家試験にチャレンジしている環境である。 然し不合格になったときは、自分への不信感と環境の変化により受験勉強が難しくなる。早く自分の気持ちを新たな目標(合格)に向けて、自分の置かれている環境を整え、病院側との交渉、卒業校の実施する模擬テストの受験手続などもし、毎月・毎日目標達成に向けて着実に実行していくこと。自分自身のことは何事であれ自分自身で切り抜けていかなければならない。人の人生は一回のみ、悔いのないように心がけていきましょう。 私は、人間の能力は皆一緒であると思う。どれだけ興味をもったものに打ち込んでいくかによって決まっていくものと考える。



Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.