看護師ライター募集

看護師国家試験を勉強する

看護師の就職の疑問 どんな所で就職できる?選ぶ判断基準は?


  • HOME
  • 看護師の就職の疑問 どんな所で就職できる?選ぶ判断基準は?

看護師の就職の疑問 どんな所で就職できる?選ぶ判断基準は?

看護師が就職する際に

  • 具体的にどんな種類の所に就職できるの(職場と倍率や年収、仕事内容など)
  • 職場を選ぶ判断基準は?

このような事を解説していきます。

具体的にどんな種類の所に就職できるの

ナースの人材バンクに相談することが有用かもしれません。病院からクリニック、訪問看護、訪問入浴、介護施設、治験(CRC)の求人まで、さまざまな求人をご用意しています。対象となる職種は、看護師、准看護師、保健師、助産師です。
条件面でも常勤求人はもちろん、非常勤求人、高給与の求人、日勤のみの求人、託児所付の病院など、様々な種類の求人があります

職場を選ぶ判断基準は?

20代の頃はどちらかと言うと『これがしたい!』といった衝動的な希望で職場を選ぶという人が多い様です。やりがいがあり、それを吸収する体力や、経験値を積みたいという欲求も高いのでそのような考え方を中心に職場選びをするようです。しかし、30代になるとそれが体力的な部分を考慮して、自分が出来る範囲で力をだせるといった病院や働き場所を求める人が多くなってきます。

一人の患者さんに向き合う時間なども職場によってかなりの差があります。スピードや忙しさとともにもっとゆっくりとしたところで看護をしたいという気持ちもこの時の忙しさからでてくるのかもしれません。将来ゆっくり働くことができるスキルを養うという意味でもどちらがいいとはいいきれません。

まとめ

年齢とともに忙しい職場で体を壊すといった経験や子育てや結婚といった人生のイベントも入ってきますのでその辺も考慮して職場を選び始めるということでしょう。その時々での経験で考え方が変わっていくので少し先の年齢になった時のことを見据えて職場選びをするというのも一つのチェックポイントかもしれません。


Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.