看護師ライター募集

看護師国家試験を勉強する

基礎看護実習の目標の立て方やレポートの事 感想や学んだ事など


基礎看護実習の目標の立て方やレポートの事 感想や学んだ事など

2347_0

ここでは基礎看護実習の事を解説するわ
基礎看護実習は下記にも説明しているけど

1)看護学における関心と意欲を高めること 2)関わりを通して対象を理解することを学ぶこと 3)看護の専門的思考過程としての看護過程を展開する経験をもつこと 4)学生自身の看護観を形成すること
4つの目的があるわね
どれも看護師になっていく上で大事な事ばかりなので少し長いけど何度も読んでみてね
頑張って説明してるから(笑)

ここでは基礎看護実習について

これらを解説します。


1.看護基礎教育における実習の目的

看護教育において臨地実習は授業の一環として、多くの時間を費やしています。 臨地実習は、学生にとって講義や演習では学ぶことができないことを有形・無形に学ぶ機会にあふれています。

臨床実習の目的は大きく分けると、以下に示す4つがあるといわれています1)。 

1)看護学における関心と意欲を高めること
2)関わりを通して対象を理解することを学ぶこと
3)看護の専門的思考過程としての看護過程を展開する経験をもつこと
4)学生自身の看護観を形成すること

そして、基礎看護学実習は、学生がはじめて患者と直接関わる実習です。

このなかでもとりわけ、学生と受け持ち患者の“関係性”の学びについては、実際に患者と関わり、思い通りにいかなかった経験や、思いの外うまくいった経験などを積み重ねる中で、授業で習ったコミュニケーションや看護学の理論を、自分自身の体験を通して、理論と実践の隙間を埋めていきながら学習していく、実習でしか学ぶことのできない内容です。

さらに、この“関係性”とは、一方的に患者の情報収集をして問題解決を図ることではなく、患者を知るというプロセスの中で、学生が自分自身を知るという気づきのプロセスが含まれています。

この気づきこそが臨地実習の目的を達成するための出発点であり、学生が看護師として成長していくための最初の到達目標です。

生徒が自分自身を知るという気づきのプロセスが学生が看護師として成長していくための最初の到達目標なのね!
2.基礎看護学実習の目的

基礎看護学実習は通常3単位(1週間で1単位と考える)で、基礎看護学実習Ⅰ(1単位)、基礎看護学実習Ⅱ(2単位)と2回に分けて行なわれます。

基礎看護学実習Ⅰでは、『患者を取り巻く環境と看護の役割を理解し、患者との初歩的な人間関係を体験すること』が目的になるでしょう。

そのための実習方法として、病院や病棟のオリエンテーション、現場の看護師へのシャドウイング(ジョブ シャドウイング=職業教育の一種で、児童生徒が企業の職場で従業員に影のように寄り添い、その仕事内容や職場の様子を観察すること)、実際に患者とコミュニケーションなどが行なわれます。

基礎看護学実習Ⅱでは、『これまで学習した知識・技術・態度に基づいて、生活者である患者が健康を取り戻し、より良く生きられるために必要な看護援助を体験すること。さらに、それらの体験をもとに、看護援助を熟慮することの意味や、看護に関する自己の考え、専門職としての看護師の役割や責任について考えること』が目的となります。

基礎看護学実習Ⅰの経験をふまえて、受け持ち患者との信頼関係の構築やニードの理解のために、自分をどのように活用するのか、自分の看護観について深く考えることがポイントです!

それぞれの教育機関の基礎看護学実習で設定された実習目標が達成できなければ、これらの実習をクリアすることができないのは当然ですが、臨地実習では、ただ漫然と実習に出席するだけではこの実習目標を達成することができません。

臨地実習では同じ病棟で実習を行なっていても、シャドウイングする看護師も違いますし、コミュニケーションをさせていただく患者さんも違います。

また、自らが体験する看護実践も違ってくるため、学生個々が違った動きをすることになります。

もちろん、担当教員は病棟に付き添ってきてくれます。

また、病棟毎に臨床指導者として、学生の実習を調整したり学生を直鉄的に指導する役割を担ってくださる指導看護師がいます。

しかし、学生個々にずっと付き添っているわけにはいきません。

そのため、学生一人ひとりが実習目標を理解して、主体的に目標を達成するための行動に移す必要があります。

2347_1

3.基礎看護学実習Ⅰの目標の記載方法

実習目標は自分が今日、実習要項に書かれている目標を熟読し、“どの目標”を、“どの程度”達成できるか、または、達成したいかを“具体的”に記入します。

実習目標に書かれていない目標であっても自分が達成したいことがある場合は、目標に入れていただいてもかまいません。

さらに前日に達成できなかった目標も加えましょう。実習目標の記入は 

「具体的に書く」
「達成可能な表現にする」
「目標毎に記入する」

ことがポイントです。

以下に、記載例を示します。実習記録の記載方法については、それぞれの実習オリエンテーションで説明されます。オリエンテーションをしっかり聞いて、その方法に基づいて記入してください。

**********記載例************

2347_3

2347_4

2347_5

4.基礎看護学実習Ⅱの目標の記載方法

基礎看護学実習Ⅱでは、実際に患者を受け持たせていただいた時点から、看護過程を展開するための情報収集を行ないます。

情報収集は、学校で学んできた看護過程の枠組みに合わせて、最初はカルテから情報収集をすることになるでしょう。

ここで気をつけることは、看護過程の枠組みにとらわれた情報収集をしても、本当の患者さんがみえてこないということです。

「情報収集が終わっていないので看護過程ができません。患者さんのところにもいけません」

などという学生さんが見受けられます。

しかし、実際に患者の語る言葉やしぐさ、表情にまさる情報はありません。
可能な限り患者の側に行って情報を集めましょう。

そこからたくさんのニードを発見できるはずです。

  基礎看護学実習Ⅱの目標もまた実習要項を熟読し、実習目標は自分が“どの目標”を、“どの程度”達成できるか、達成したいかを“具体的”に記入します。

実習目標に書かれていない目標であっても自分が達成したいことがある場合は、目標に入れていただいてもかまいません。

さらに前日に達成できなかった目標も加えましょう。

実習目標の記入は 

「具体的に書く、特に情報収集では何の情報を集めたいのかを具体的に記入」「達成可能な表現にする。看護援助についても、自分ができる範囲を考慮する」「目標毎に記入する」

ことがポイントです。以下に、記入例を示します。

****************記入例**********

2347_6

1)藤岡完治、安酸史子、村松さい子、中津川順子(2001)学生とともに創る臨床実習指導 ワークブック 第2版、医学書院、8.


1.看護記録と実習記録の位置づけ

看護実践の一連の過程を記録したものは看護記録といわれています。

看護記録および診療情報の取り扱いは『保健師助産師看護師法』『個人情報保護法』をはじめとする法令によって規定されています。

看護記録は、患者(遺族も含める)からの請求があった場合に看護記録そのものを患者に示し、説明を行なうこと、または看護記録(看護要約を含む)の写しを交付することが求められることがあります。

看護学生の実習記録は実習目的を達成するための手段であり、公的な記録である看護記録とは異なっているため、原則として実習記録を開示する必要はないと考えられています。

しかし、開示を求めた患者の状況、病院の設置主体、当該地域の条例、実習記録の内容などにより、場合によっては開示しなければ穴らないことがあるので、実習記録の記載や取り扱いには十分注意をしましょう。

2347_7

2.実習記録の記載に関する留意点

実習記録の記載に関する一般的な留意点を以下に示します。

1)記録用紙は、個人を特定する情報(住所・氏名・生年月日・病院・病棟名・家族歴や遺伝情報等)を可能な限り記載しない。
2)不必要な情報・不確実な情報は記述しない。
3)診療記録および実習記録は安易に複写しない。
4)カンファレンス資料等に利用するために複写した場合は、シュレッターにかけるなど適切に処分する。
5)個人が特定される可能性がある実習記録等の院外への持ち出しは原則禁止
する。やむを得ず院外に持ち出す際はルールに則る。(紛失・散逸の防止に努める・ファイルなどで管理し、第三者の目に触れないようにする) 6)実習目的以外に利用しない。
7)実習記録の作成にパソコンなどの電子媒体を使用した場合には、ハードディスクや機体にデータが残ることを考慮し、個人所有の電子媒体の使用は避ける。
8)実習終了後、不必要となった記録物やあメモ類はシュレッダーにかける、電子媒体は内容を消去するなどの処分を行なう。
9)実習終了後の実習記録は、学校のルールに則り適切に保管する。

※ 日本看護協会編(2011)日本看護協会看護業務基準集 2007年改訂版、日本看護協会出版会、125-126.

詳しくは各学校のルールに準じましょう。
3.教員は実習記録の何をみているのか

1)自己表現としての実習記録

実習記録とは、ある状況に投げ込まれた学生の体験の総体ともいえるべきものが、おのおのの感情や思考力によってふるいにかけられでてくる、自己主張であり存在主張といわれています。

教員はそこから、学生の感性、情緒、考えが見出そうとしています。

その上で教員は、学生を成長する個人として、その成長を損なわないようにアプローチする上での手がかりを探っています。

したがって、学生自信が感動したこと、うれしかったこと、悲しかったことといった感情についても自由に記載しましょう。

2)思考の整理箱としての実習記録

学生のとらえた事実=学習体験はことば(実習記録)によって表現されます。

また、人間はことばによって思考するので、実習記録は思考の整理箱とみることができるでしょう。

教員は、学生が整理箱の中にどのような知識をどのように整理しているかを見ています。

看護過程の記録はこの典型です。

実習記録の中から、患者との関係性、看護の専門的知識を使えているか、視野の広がりの視点から確認し、必要な援助を探っています。

ときおり、実習記録(看護過程)のどこから手をつけていいかわからず、真っ白なまま、教員に相談できず実習が過ぎてしまっている学生が見受けられます。教員は、実習記録のできばえをよくするのが役割ではありません。

実習記録から、外から見えなかった学生を理解し、学習上の困難を発見し援助するために実習に付いていっています。

教員にわからないことをどんどん質問して、教えてもらいましょう。それが学生の役割でもあります。

質問って遠慮してたけどした方が良さそうね

3)メッセージとしての実習記録

実習記録は常に学生から教員や実習指導者に向かって投じられているメッセージです。

実習記録は、教員や指導者に見せることを前提にしていることを意識しましょう。教員や指導者とのコミュニケーションの手段として活用しましょう。

参考文献:中西睦子(1983)臨床教育論 体験からことばへ、ゆみる出版.

4.実習記録の例

基礎看護学実習Ⅱで受け持ち患者を持つことになった実習2日目の「毎日の評価」の記録の記載例を以下に示します。

2347_8

例のように「毎日の評価」は、目標毎に、目標に対する評価や自己の学習への課題、学んだこと、考えたことを記入します。目標に挙げていないことでも、学びや気づきがあった場合は、記入してもかまいません。

基礎看護実習カンファレンスのテーマの見つけ方、ポイント

ここでは基礎看護実習のカンファレンステーマの見つけ方のポイントを解説するわね
カンファレンスは苦手な人も多いからよく勉強してみて

1.カンファレンスとは

“conference”とは、打ち合わせる・協議・会議・相談などの意味があります。

協議とは寄り集まって相談することです。会議とは会合して評議すること、あるいは何かを決めるために集って話し合うことです。

相談とは、互いに意見を出し合って話し合うこと、また、他人に意見を求めることです。つまり数人の異なった意見や考えを持っている参加者によって運営され、疑問点・不明点・問題点を話し合うことです。

医療の世界では一般的に、「患者に生じている問題点について、様々な考え方を持った参加者が集まり、意見を出し合ってどうすればいいか考える検討会」を意味します。

看護師だけの場合もありますし、医療チームで行なう場合もあります。カンファレンスのポイントとして、以下の特徴があります。

① 疑問点・不明点・問題点を課題とする。また、その課題の解決方法を見出すことを目的としている。

② 異なった意見や考えを持っている参加者によって構成されている。つまり、価値観が違う人の集まりである。

③ 集団という機能をもっている。

2399_1

2.基礎看護学実習におけるカンファレンスの目的

学生と看護ケアに携わる看護師・教員(指導教員)・臨床指導者などから構成された小集団で、“患者の問題点”そのものを検討する場合もありますが、多くの場合は学生の“学び”について討議することで、実習カンファレンスの目標は以下の5点です。

① グループ学習として、学びを発展させる。

② 学生個々の体験や学習内容を共有する。

③ 学校での学び(理論)と臨床の知をつなぐ。

④ 看護実践の本質となるものの理解を深める。

⑤ プレゼンテーションスキルを習得する。

3.実習カンファレンスのもちかた

実習でのカンファレンスは、学生の実習に対する不安や課題を意識化し、学生―教員(実習指導者)・学生間で共有し、そのプロセスを通して学習への動機を高めるものです。

したがって、個々人の実習に対する不安、戸惑い、恐れなどをテーマに自由に話し合いましょう。

例えば、

「受け持ち患者とのコミュニケーションがうまくいかない」
「受けもち患者に必要な援助がみつからずどうしていいかわからない」
「受け持ち患者が必要な援助を拒否している」
「間食してはいけない患者が間食している場面を見てしまったが、学生としてどうしたらよかったか」

などなど、学生が困っている場面はたくさんあると思います。

2399_2

カンファレンス成功の5つの原則

カンファレンスを成功させるためには、テーマを提供した学生だけではなく、グループ全体がきちんと意欲的に参加する必要があります。髙谷はグループワーク成功のための5つの原則を示しています。

① 独り善がりにならずに自分の考えがある高貴な自律

② 役割を引き受けて果す責任

③ 異なる意見を統合して共に働く協働

④ 個々のチームだけではなく組織全体に対する貢献

⑤ 感謝の言葉(ありがとう)、労いの言葉(ご苦労さま)、褒めることば(良かった)で表される敬意

この自律、責任、協働、貢献、敬意を意識しながらカンファレンスに参加しましょう。

カンファレンス参加者の心構え

もっとも重要な心構えは「自分の意見をもつ」ということです。

◇批判的に聞く
相手の言うことをうなずきながら聞くのではなく「発表者の主張の核心となる部分はどこか」「その主張を裏づける事実関係はきちんと提示されているか」「主張の論理的展開に矛盾はないか」といった点に留意しながら聞くこと。

相手の主張を批判的に聞く
② 質問を考えながら聞く姿勢をもつ。

討論のルール

討論と日常の付き合いは別。
相手の中傷は避ける。・・・・お互いを尊重する姿勢が大事!

司会者の役割

カンファレンスは学生が主体的に運営するものです。したがって司会者は、次の点に気を配る必要があります。

討論への参加者が平等に発言の機会を得ているか(討論を独占していないか、逆に全く意見を言わない人がいないか)。

② 反対意見の表明が個人攻撃になっていないか。

③ 討論の流れが本来の主題から大きくはずれていないか。

司会者の発言例

  • この点について、○○さんはどうお考えですか?

  • △△さん、ご意見を是非お願いします。

  • 今のところ、意見は大きく・・・・・と・・・・・に分けられると思いますがいかがでしょうか?

  • ○○さんのご指摘はごもっともですが、今の議論のポイントとはちょっと違いますので、その件は後で改めて取り上げることにします。

★必要に応じて発言者に注意を促したり、適宜、討論の方向性を修正するのも司会者の役割です。しかし、司会者があまりにも長く発言したり、命令したりするような口調で発言をさえぎったりすることは避けましょう。

2399_3

自分の意見に説得力をもたせるコツ

相手の立場を尊重する姿勢を明らかにする。

いきなり反対意見を述べるのではなく、まず相手の発表や意見の内容のすぐれた点を指摘する。

相手の意見と自分の共通点、相違点をはっきりさせた上で、その理由も述べる。
自分のオリジナルな意見を述べる。

論理的展開を心がける。

「私はとにかく・・・・と思うんです」と自分の主張を一方的に相手に伝えても説得力はない。自分の経験や歴史的事実など、具体的な事例を用いながら、筋道を立てて話すことが大切。

感情的にならない。相手(他人)の立場になって考えてみる。


【引用文献】

Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.