看護師ライター募集

看護師国家試験を勉強する

看護師国家試験対策の予備校へ行く?良い予備校の判断基準は?


  • HOME
  • 看護師国家試験対策の予備校へ行く 良い予備校の判断基準は?
看護師国家試験対策の予備校へ行く 良い予備校の判断基準は?

2399_0

看護師国家試験対策の予備校を考える際

看護師国家試験の予備校は多数存在します。どこの予備校でも同じだと思います。無料体験が出来るなどを活用し、

  • 自分に合ったところ

  • 自宅に近い

  • 看護師国家試験の合格率が良い
  • などの条件から選びましょう。これらはインターネットから探すこともできます。

看護師国家試験予備校の判断基準

「どこの予備校も同じ」と言った意味は、どこの看護師国家試験予備校にいっても勉強は自分でしなければならないので、相性が一番大切です。

向き不向きを考慮して選ぶことが成功の秘訣となるでしょう。

そもそも看護師国家試験予備校ってどのレベルの人が行くと良い?

どれも同じことが言えますが、要するに自分がどう考えているかです。

どういうことかというと模試や学校の試験でも点数が高い人でも予備校に通う人は通いますし、いくら成績が悪くても予備校に通わない人は通いません。

この差は確実に看護師になりたいという気持ちの差の表れかもしれません。

只、看護師を目指す看護師国家試験予備校など少人数制で基礎から合格や、分かる授業と丁寧な受験指導で合格をなど、規模や教育システムなどを比較すると、さまざまな予備校が存在しています。

最近はどのようなタイプの予備校でも体験授業を無料で実施しているところが多くありますので、こうした制度を活用し授業の雰囲気や進め方、学習レベルなどを事前にチェックしておくことが大事です。

そこで、自分の受験勉強のプラスになるかどうかを見定めていくのが良いでしょう。

2399_1

予備校のメリットデメリット

看護師国家試験予備校で実施される模擬試験などを活用して、たいていの模試では解答や解説をもらえるので、間違えた箇所を放置せず、復習を繰り返し行っていきましょう。

そうして、二度と間違えないレベルにまでもっていくことが学習成果につながるのです。

ただ単に模試を受けることに満足しているようでは全く意味がありません。

予備校は学校とは違って基本的に自由な場所です。 在籍していたとしても、受験勉強を頑張るのも頑張らないのも、授業をサボるのもサボらないのも本人次第です。

個別指導型を除くと、予備校の授業というのは、たいていの場合が一定のペースで授業を進めていきます。

たった一度軽い気持ちで授業をサボってしまったとしても、自分のために授業の進行が止まるはずはありません。

次に授業に出席したときには、サボった時の範囲を理解していないままでも、授業はどんどん先へと進みます。

そうなると、授業についていけなくなり、学習意欲が極端に低下してしまうこともあります。

まとめ

入試に限らず、看護師国家試験では自分の苦手な分野を外して出題してもらえる・・・ といった都合のいい話はありえません。

誰でも弱点を克服するには時間や労力がかかってしまうものなので、避けて通りたいところではあります。

しかし、そうはいかないのが受験勉強です。

少しでも苦手を減らすことが合格への近道ともいえます。

そのためには、結果が明確に現れる模擬試験などを活用して、間違えたところをそのまま放っておかないことが大事です。

たいていの模試では解答や解説をもらえるので、間違えた箇所の復習を繰り返し行っていきましょう。

そうして、二度と間違えないレベルにまでもっていくことが学習成果につながるのです。 ただ単に模試を受けることに満足しているようでは全く意味がありません。


Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.