看護師ライター募集

看護師国家試験を勉強する

看護師国家試験のボーダーライン 今年は?何点取ってないと厳しい?


看護師国家試験のボーダーライン 今年は?何点取ってないと厳しい?

55_0

毎年そんなにボーダーライン変わらないんですよね?

そうね
でも、多少の変化はあるわよ
だからみんな試験が終わったら気になって検索するものね

そうなんですね

かといって、いきなりボーダーラインが数十パーセントも上がったりはしないわよ

看護師国家試験のボーダーラインは気になる所です。ここでは

ここではこのような事を解説していきます。

看護師国家試験の合格基準は?

看護師国家試験は

  • 必修問題
  • 一般問題
  • 状況設定問題

の3つで構成されており、それぞれ評価基準が異なります。

必修問題は

  • 80%を満たすことが条件の絶対評価

一般問題+状況設定問題については、

  • 合格発表時に合格ラインの点数を公表する相対評価

ここ数年の傾向として、一般・状況設定問題の合格基準は60%台後半~70%台前半で推移しています。

最新の103回に関しては、必修問題80%は例年通りで、一般問題+状況設定問題のボーダーラインは66.8%と前年に比べ難易度が上がりました。

必修問題は8割以上の正答率が問われるので、一般問題と状況設定問題でいくら高い点数を取っても、必修問題で8割を超えていないと合格できません。

看護師国家試験の概要は毎年8月になると厚生労働省のホームページで発表されるので、しっかりと確認しましょう。

看護師は現場に出るとオールマイティな能力が求められるので、それが試験にも反映されているのだと思われます。

しかし、看護師国家試験の合格率は90パー セント前後と高めなので、真面目に勉強していればそれほど難しくはありません。

他の国家試験と比較すると合格率は非常に高い方なので、気持ちに余裕を持って受けた方が良い結果を出せるはずです。

55_1

過去5年の看護師国家試験のボーダーラインは?必修問題、一般問題

看護師国家試験のボーダーラインは以下です。

必修問題は80%を満たすことが条件の絶対評価。
一般問題+状況設定問題については、合格発表時に合格ラインの点数を公表する相対評価で、合格基準は60%台後半~70%台前半で推移。

過去5年の看護師国家試験推移

第103回看護師国家試験

  • 必修問題50点のうち40点が合格ラインとなりました。
  • 一般問題 状況設定問題 250点のうち167点(66.8%)が合格ラインとなりました。

第102回看護師国家試験

  • 必修問題50点のうち40点が合格ラインとなりました。
  • 一般問題状況設定問題 250点のうち160点(64%)が合格ラインとなりました。

第101回(平成24年2月実施)

  • 必修問題:50点のうち40点が合格ライン
  • 一般問題状況設定問題:247点中157点以上(63.5%)が合格ライン

第100回(平成23年2月実施)

  • 必修問題:50点のうち40点が合格ライン
  • 一般問題状況設定問題:250点のうち163点(65.2%)が合格ライン

第101回(平成24年2月実施)

  • 必修問題:50点のうち、40点が合格ライン
  • 一般問題状況設定問題:250点のうち、151点(60.4%)が合格ライン

55_2

引用元 保健師助産師看護師国家試験の現状について 厚生労働省

今年のボーダーライン予想は?何点とってないと厳しい?

いろいろな教育機関や予備校が104回看護師国家試験のボーダーラインはどのくらい?と予想していますが、103回は必修の正答率が40点/50点、一般・状況設定問題が167点/250点で66.8%。

102回は必修が同じく40点、一般・状況設定問題が64%ですので、102回より103回のほうが全体的に、少しボーダーラインが高くなっています。

まとめ

看護系大学の乱立により、将来、看護師が余る時代がやってくると言われています。

現在のように看護師の数が不足している時代には、相対的な価値である 【キャリア・能力・人間性】よりも絶対的な価値である【看護師資格】を重視されてきました。

不足感がなくなれば、おのずと相対的価値への評価が高まるのではないかと思います。それと比例して国家試験の現在の90%合格率も減少していくのではないかと考えます。


Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.