精神看護学

精神疾患と神経伝達物質の組合せで関係が深いのはどれか。

  • 統合失調症…………………ドパミン
  • アルツハイマー型認知症…セロトニン
  • 神経症………………………アドレナリン
  • うつ病………………………アセチルコリン

【解説】
統合失調症は、一般的にドパミン過剰が原因とされています。記憶のはたらきに影響を及ぼすアセチルコリンの減少が原因で起こるのはアルツハイマー型認知症。セロトニン不足は神経症性障害やうつ病と関連が深いとされています。

【正解①】

昇華という防衛機制の説明で正しいのはどれか。

  • 破壊的衝動をスポーツや文化的な活動に向ける。
  • 怒りの感情を直接相手にぶつけず物にあたる。
  • 嫌いな人に対して必要以上に丁寧に接する。
  • 他人の考えや良い面を模倣する。

【解説】
昇華とは…
性欲動や攻撃性などの本能的欲求を性的・攻撃的目標からそらして、価値のある芸術活動、知的研究、スポーツなど社会的に好ましい方向に向けることを言います。
2は「置き換え」、3は「反動形成」という防衛機制。防衛機制とは欲求不満や葛藤を自我のコントロールで処理することで、4は防衛機制とは言えません。

【正解①】

入院中のうつ病患者が「この病棟の患者が落ち着かないのは、すべて私のせいです。私は皆に迷惑をかけている悪い人間です」と訴えている。患者にみられる症状はどれか。

  • 関係妄想
  • 罪業妄想
  • 妄想気分
  • 注察妄想
  • 心気妄想

【解説】
罪業妄想とは、自分のことを過小評価してしまう微小妄想に区分され、うつ病患者にしばしばみられる症状です。この場合、極度に自分自身の事を過小評価し自分の責にする意識から考えると回答は2でしょう。関係妄想は統合失調症の患者の症例で周りの出来事を自分で関連付けている事を考えれば近いように思いますが分類は被害妄想に含まれます。

【正解②】

せん妄を起こしやすいのはどれか。2つ選べ。

  • 認知症
  • 躁うつ病
  • 摂食障害
  • 頭部外傷
  • 人格障害

【解説】
せん妄とは…
急性の意識障害の1つ。
・幻視
・幻聴
・強い不安などに加え、見当識障害や精神運動性興奮などの症状がある
せん妄の種類
・薬物によるせん妄
・夜間せん妄
・術後せん妄
・アルコール依存症による振戦せん妄
など。
高齢者や認知症の患者又は脳や神経の病気によって引きおこされることがあります。

【正解①④】


Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.