老年看護学3

高齢者に多くみられる疾患とその症状との組合わせで誤っているのはどれか。

  • 老人性膣炎――白色帯下
  • パーキンソン病――起立性低血圧
  • 頸椎症――上肢のしびれ
  • 白内障――視力低下

【解説】
黄色
膿性、
血性帯下
がみられるのは老人性腔炎で女性ホルモンの減少によって膣壁が脆弱化が原因で起こります。臥位から立位へ体位変換したときに起こる血圧低下が起立性低血圧でパーキンソン病(代表的な症状はふるえや動作緩慢、小刻み歩行)患者の自律神経症状でもあります。
手足のしびれ
歩行の不安定
は頸椎症。
白内障は、かすみ、まぶしさなどから視力低下を生じます。

【正解①】

全身の瘙痒感が強く夜間覚醒することが多い高齢者の援助で適切なのはどれか。

  • 清拭には薬用石けんを用いる。
  • 化学繊維のパジャマを着用する。
  • 就寝前に保湿クリームを塗布する。
  • 室内湿度は30~40%を保つ。

【解説】
高齢者では皮脂の分泌や皮膚の水分が少なくなります。 石鹸はよく泡立て刺激の少ないものを使います。 保湿クリームの塗布は入浴直後や就寝前に行います。下着類は化学繊維を避けて肌に優しい木綿製を使用します。湿度は60%程度が適切です。50%を切るようであれば加湿を行います。また、電気毛布などの使用は皮膚を乾燥させます。

【正解③】

骨粗鬆症の高齢女性に対する日常生活の指導で正しいのはどれか。

  • ビタミンCを多く含んだ食品を摂る。
  • 前傾姿勢で歩く。
  • やわらかいベッドで寝る。
  • 筋力を増強する運動をする。

【解説】
閉経後の女性に多く起こるのが骨粗鬆症です。高齢者は寝たきりにつながったりするので注意が必要です。
食事・・・カルシウム、ビタミンDを多く含む食品をとる
姿勢・・・前傾姿勢は脊椎に負担になります。やわらかいマットレスは体が沈んで不自然な体勢を続けることになります。
運動により、骨に適度な負荷を与えカルシウム流失を抑えることができます。

【正解④】

Mini-Mental State Examination〈MMSE〉の説明で正しいのはどれか。

  • 情緒状態を調べる。
  • 確定診断に用いられる。
  • 得点が低いほど機能が低い。
  • 被検者の日常の行動を評価する。

【解説】
MMSE・・・認知症のスクリーニングなどに使用されている簡易心理機能検査。
見当識
記銘力
計算力
注意(集中)力
言語機能
物品呼称
遂行能力
などの異なる知的機能を調べる11の質問項目によって構成されたものです。
合計30点中、低いほど機能は低いと判断されます。

【正解③】


Copyright (C) 2015 看護師国家試験【解決】看護師国家試験サイトAll Rights Reserved.