輸血の手順や療法について 副作用や合併症など

輸血療法

輸血療法は自己血輸血を除き、他者の血液成分を体内に入れることで、「最も頻繁に行われる臓器移植」とも呼ばれています。

輸血には重大な副作用が起こる可能性があります。

しかし、それを投与・観察するのは大半が看護師の業務に任されている現状です。看護師は、輸血療法を正しく理解し、安全で確実な投与が行われるように、管理・観察しなくてはなりません。

血液中の細胞成分や、凝固因子などのタンパク質成分が減少したとき、または機能が低下した時には、その成分を補う必要性があります。

しかし輸血療法にはリスクが伴うため、患者には医師からの十分な説明がなされたうえで、承諾書への承諾を得る必要があります。

輸血用の血液製剤には、全血輸血や血液成分製剤などの「輸血用製剤」と、アルブミン製剤などの「血漿分画成分」があります。ここでは、一般的に多く使用される血液成分製剤について説明していきます。

40_1

血液成分製剤

①赤血球濃厚液(RCC-LR:red cell concentrate)

適応:循環血液量の維持、酸素供給不足、急性出血、慢性貧血
保存温度:2〜6℃
有効期限:採血後21日間
注意点:赤血球輸血セットを使用する。急速大量輸血の場合は専用の加温器を用いる。
製剤の量:1単位140ml

②照射濃厚血小板(PC-LR:platelet concentrate)

適応:止血、出血予防、血小板減少や機能異常
保存温度:20〜24℃
有効期限:採血後4日間
注意点:血小板輸血セットを使用する。輸血部から受け取ったら速やかに使用する。
製剤の量:10単位200ml

③新鮮凍結血漿(FFP-LR:flesh frozen plasma)

適応:凝固因子の補充、出血傾向の是正
保存温度:-20℃以下
有効期限:採血後1年間
注意点:赤血球輸血セットを使用する。30〜37℃の恒温槽で溶解し3時間以内に使用する。
製剤の量:1単位120ml

  • 一昔前までは、RCCのことをMAP(マップ)と呼んでいました。医師の中には未だにマップと呼ぶ人もいるかもしれませんのでご注意を。
  • RCC-LRの「LR」はLeukocytes-Reducedの略で、白血球を減少させているという意味があります。白血球を無菌下で減少させることで、副作用の出現を予防しています。

輸血の副作用・合併症について

①溶血反応(HTR)

病態:ABO不適合(メジャーミスマッチ)
や不規則抗体による不適合輸血により、赤血球の細胞膜が損傷され、崩壊する現象である。数日を経て遅延性に発症する場合もある。

症状:発熱、悪寒、腹痛、胸痛、穿刺部位の熱感、疼痛、浮腫、息切れ、血尿など。

②アナフィラキシーショック

病態:強い抗体反応により生じるショック症状。
症状: 血圧低下、頻脈、チアノーゼ、血管浮腫、皮膚の紅潮、喘息症状など。

③輸血後移植片対宿主症(GVTH)

病態:輸血後1〜2週間頃、リンパ球が増殖し、増殖したリンパ球が組織を攻撃することにより起こる。ほとんどの症例で輸血から1ヶ月以内に致死的経過をたどる。
症状:発熱、紅斑が出現。肝障害・下痢・下血等の症状を伴うとともに、骨髄無形成・汎血球減少、多臓器不全を呈する。

④輸血関連急性肺障害(TRALI)

病態:白血球の抗原抗体反応により、好中球が肺の毛細血管に損傷を与えることで発症する。
症状:低酸素血症、呼吸困難、両側肺水腫、血圧低下など。

⑤輸血感染症

病態:血液製剤の不適切な管理・保管によってパック内で細菌が繁殖し、輸血時に感染する細菌感染と、製剤内に存在するウイルスにより感染するウイルス感染がある。
症状:発熱、悪心、嘔吐、腹痛、肝障害、背部痛、血圧変動、リンパ節腫大など。

40_2

輸血の準備

(医療機関によっては手順などが異なる場合があるので、必ず確認しましょう。)

①医師から患者・家族に輸血の必要性やリスクの説明をし、同意書にサインをもらう。

②医師が患者の血液型を確認し、輸血をオーダーする。量と投与時間を医師に確認する。

③交差適合試験(クロスマッチ)用採血を行い、検査に提出する。

④輸血部より準備ができたと連絡がきたら、製剤を取りに行く。

⑤輸血部のスタッフと、ダブルチェックを行う。(一回目)

⑥医師とダブルチェックを行う。(二回目)
  • FFPの場合はここで溶解する。
⑦看護師同士2人でダブルチェックを行う。(三回目)

⑧手袋を装着する。

⑨静かに上下左右に振って混和させる。バックに破損がないか、色調の変化はないかを確認する。

⑩輸血セットを開封し、クレンメを閉じる。

⑪血液製剤バックを開封する。(二つある口のうちどちらか一方を開封する)

⑫血液製剤と輸血セットを接続する。まっすぐに根元まで刺す。

⑬輸血セットの濾過筒内を指でポンピングし、血液を満たす。次に滴下筒を1/2程満たす。

⑭クレンメを開き、ルート内を血液で満たす。

⑮トレーに入れる。バイタルサインの測定物品を準備する。

40_3

輸血の手順

①患者に輸血をすることを説明(所要時間、使用製剤など)し、排泄を済ませてもらう。

②バイタルサイン測定、全身状態の観察を行う。

③ルート確保を行う。溶血を防ぐため、太めの留置針を選択する。(一般的には18〜20Gとされていることが多い。急速輸血は16〜18G、通常の速度であれば22G以上で溶血はおこらないとされている。太さは医療機関により指定されていることがあるため確認する。)

④患者に、氏名・血液型を名乗ってもらい、(困難な場合はネームバンドで確認)輸血セットを接続する。輸血用血液製剤は単独投与が原則である。混注すると薬効が得られなくなったり、凝固や溶血が起こったりすることがある。

⑤滴下を1ml/分の速度で開始する。

⑥開始から5分間は患者のそばを離れず、副作用出現の有無を観察する。副作用症状が出現した場合は、すぐに滴下を中止し、速やかに医師に報告する。

⑦バイタルサインや全身状態の観察を行う。

⑧開始から15分後、バイタルサイン測定を行う。医師の指示通りの滴下速度に調整する。

⑨その後輸血が終了するまで15〜30分間隔でバイタルサイン測定と観察を行う。

⑩輸血が終了したら、患者に終了を告げ、バイタルサイン測定と観察を行う。抜針もしくはルートをロックする。

輸血の管理はきちんと勉強していれば難しいものではありません。復習し、しっかりと患者さんを観察して、安全な看護を行えるようにしましょう。