手指衛生のタイミング 手順と効果

ここでは手指衛生の

これらを解説します。

手指衛生の目的は医療者を介した交差感染を防ぐため、手指の衛生状態を保つためです。

手指は最も患者や対象に触れる機会が多いため、病原体伝播の媒介物となりやすいでしょう。

  • 医療施設では、特に高齢者や様々な疾患の患者、また術後の患者や免疫抑制剤・抗がん剤を使用している患者が多いことから、免疫力が低下している人が多いため、感染の危険性が高い。
  • 手術時は生体の防御機構が弱まるため、より感染の危険性が高い。

医療現場で行われる手指衛生として、主に手洗いと速乾性アルコール製剤での消毒の2種類があります。

手洗いの方法は大きく分けて、

  • 日常手洗い
  • 衛生的手洗い
  • 手術時手洗い

の3種類があります。

①日常手洗い:食事の前やトイレの後など、日常生活の中で行う手洗い方法。

<目的>汚れや有機物、一過性付着菌を除去する。

②衛生的手洗い:主に医療従事者が医療行為の前後に行う手洗い

<目的>一過性付着菌を除去・殺菌する。

③手術時手洗い:手術に入る医療従事者が手術前に行う手洗い

<目的>一過性付着菌を除去・殺菌するとともに、手指の常在菌を減少させる。
(術中手袋が破損した時でも、飛散する菌を最小限に抑えるため。)

78_1

※①は日常生活動作の中での手洗い方法となるので、省略。

②衛生的手洗い

<使用物品>
石鹸(抗菌石鹸)・流水・速乾性アルコール製剤・ペーパータオル

<方法>

  • 使用物品を準備する
  • 手を流水にて万遍なく濡らす
  • 石鹸を手に取り、手全体にのばすようにして広げる
  • 両方の手掌、手掌側面をこする
  • 片方の手背をもう片方の手掌でこする
  • 手を組むようにして、指の間を洗う
  • 片方の指先をそろえて、指先で手掌をこするようにして、指先・爪の間を洗う
  • 片方の母指をもう片方の手掌で握り、回すようにして洗う
  • 片方の手首をもう片方の手掌で握り、回すようにして洗う
  • 両手とも行ったら流水で石鹸をよく洗い流す
  • ペーパータオルを使用し、手・手首の水分を十分にふき取り、乾燥させる。

<タイミング>

  • 医療従事者は主にこの衛生的手洗いを日常的に行うようになるため、一処置一手洗いを原則として行います。
衛生的手洗いのタイミング
  • 患者に触れる前
  • 清潔・無菌操作の前
  • 体液に暴露された可能性がある場合
  • 患者に触れた後
  • 患者周囲の物品に触れた後
  • また明らかな汚染がない場合は後述の速乾性アルコール製剤での消毒のみでも可能です。

78_2

③手術時手洗い

<使用物品>

抗菌石鹸・流水・(滅菌ブラシ)・速乾性アルコール製剤・滅菌ペーパータオル

<方法>

1~9は衛生的手洗いと同様。両手で計1分半かけて行う。

  • 石鹸を泡立てながら片方の手掌でもう片方の前腕までを回すようにして洗う。このとき腕は水平とし、手首から先を下に向けないようにします。
    ★最も清潔に保ちたいのは手掌。手首を下に向けると上腕の石鹸が手掌 へ流れる可能性がある。これを両前腕まで計1分半かけて行う。
  • 両前腕とも行ったら、流水で石鹸をよく洗い流す。

    このとき流水で流すのみで、手掌で前腕をこすらないようにする。
  • 1~10を繰り返す。2回目は手指~前腕までを1分半かけて行う。
    ※医療機関によっては、2回目は滅菌ブラシを使用することもある。
  • 石鹸を泡立てながら片方の手掌でもう片方の肘部~上腕を回すようにして洗う。
    このとき肘部から先を下に向けないようにする。これを両上腕まで計1分半かけて行う。
  • 両方の肘部~上腕まで行ったら、流水で石鹸をよく洗い流す。
    このときも流水で流すのみで、手掌で前腕~上腕をこすらないようにする。
  • 洗い流したら水分を滅菌ペーパータオルで十分に拭き取る。

<水分を拭き取る際の方法>

  • 滅菌ペーパータオルで両手掌の水分を拭き取る
  • 滅菌ペーパータオルを片方の前腕に広げてかぶせる。もう片方の手掌で滅菌ペーパータオル両端をつかみ、滅菌ペーパータオルで前腕を包むようにして水分を拭き取っていく。このとき手掌が前腕に触れないようにし、そのまま滅菌ペーパータオルを回すようにして水分を拭き取り、上腕まで行う。

<ポイント>

  • 清潔度の高い順に
  • 手掌
  • 前腕
  • 肘部~上腕

これは術野により近い順に清潔度が高くなっている。
このため、手掌は下に向けないようにし、石鹸が手掌へ流れないように注意する。

  • 手術時手洗いをする際は、手掌を上にあげておくようにするが、周囲の蛇口や他人に接触しないように注意する。
    (接触したら、1からやり直し!)

78_3

洗い残しがあると、付着菌や常在菌が多く残ってしまうことになるため、特に以下の部分には注意します。

<最も洗い残しやすい部位>

  • 母指全体
  • 指先~爪の間
  • 手掌のしわ部分

<やや洗い残しやすい部位>

  • 手背
  • 手掌側面
  • 手首
速乾性アルコール製剤での消毒

<目的>
主に医療従事者が、一過性付着菌を除去・殺菌するために医療行為の前後に行う。明らかな汚染があるときは手洗いも併用して行う。

<方法>

  • 速乾性アルコール製剤を適量手に取り、手全体にのばすようにして広げる
  • 両方の手掌、手掌側面をこする
  • 片方の手背をもう片方の手掌でこする
  • 手を組むようにして、指の間をこする
  • 片方の指先をそろえて、指先で手掌をこするようにして、指先・爪の間まで消毒する
  • 片方の母指をもう片方の手掌で握り、回すようにしてこする
  • 片方の手首をもう片方の手掌で握り、回すようにしてこする

<ポイント>

ポイント・タイミングともに衛生的手洗いと同様。一処置ごとに清潔を保つように心がける。